メバロチンジェネリック画像

メバロチンジェネリック

メバロチンジェネリックは肝臓のコレステロール合成を阻害して血液中のコレステロールを低下させることができるお薬です。
主に高脂血症や家族性高コレステロール血症の治療に使用されています。


製 品 名:
Pravastatin
製 造 元:
Apotex Pty Ltd.
薬効分類:
高脂血症の薬
一 般 名:
プラバスタチンナトリウム
内 容 量:
30錠 / 箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

メバロチンジェネリックの特徴

メバロチンジェネリックは、国内メーカーで認可を受けているお薬です。
肝臓のコレステロール合成を阻害して血液中のコレステロールを低下させ、主に高脂血症や家族性高コレステロール血症を治療します。

高脂血症は自覚症状がなく、継続的に血中の高脂状態が続くと動脈硬化を促進させます。 結果、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や狭心症につながるため治療が必要です。

メバロチンジェネリックは血中コレステロール値を適切に保ち、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や狭心症などを防ぎます。

メバロチンジェネリックの成分

プラバスタチンナトリウム

メバロチンジェネリックの用法用量

成人の方は10mgの有効成分が含まれている薬を1日1錠1回もしくは2回に分けて服用します。
症状によって最大で1日20㎎まで増やすことができますが、自分で判断せずに医師の指示に従った量を守りましょう。

1日2回に分ける場合、有効成分の含有量が1錠に5㎎になっているものであれば、分割する必要はありません。飲み忘れてしまった際は1回分を服用してください。
ただし、その次の時間が近い場合には服用せず、次の時間になってから1回分だけ服用するようにしましょう。

2回分をまとめるのは禁止されているので注意が必要です。過剰に服用した際は医師か薬剤師に相談し、使用を中止する際も自分の判断では行わないようにしましょう。

メバロチンジェネリックの副作用

主な副作用には発疹・下痢・胃不快感・紅斑・脱毛・光線過敏・そう痒・貧血などがあるため、これらの症状を感じたときにはすぐに医師に相談しましょう。

他にも横紋筋融解症の初期症状で筋肉の痛みや脱力、肝障害の初期症状で全身のだるさや食欲不振、肌や白目が黄色くなるなど、様々な副作用が出る場合があります。

服用を始めてから少しでも気になる症状が感じられた場合には、すぐに中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

メバロチンジェネリックの注意事項

併用禁忌、または併用注意とされる薬も数多く存在しているので、他の薬を服用しているときは自分で判断せず、医師や薬剤師に確認して指示に従いましょう。
飲食物との組み合わせにも注意が必要なものがあり、ニコチン酸(ナイアシン)を含むまいたけやたらこ、かつお節やインスタントコーヒーなどが該当します。

また、メバロチンジェネリックは、65歳以上の高齢者が服用する際には慎重な判断が必要とされます。
注意点が多く存在している薬であり、診察を受けずに個人輸入で利用するのは適切ではありません。
医療機関で診察を受け、費用を抑えたい場合はジェネリックを処方するように申請してください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
フロセミド 40mg(ラシックスのジェネリック)
フロセミド 40mg(ラシックスのジェネリック)
作用の強い利尿剤です。カリウムの排泄が少ないため腎臓や糖代謝への影響が少ないです。※ラシックスのジェネリック薬です。
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
アトルリップ(リピトールのジェネリック)
世界で一番利用されている高コレステロール血症治療剤「リピトール」のジェネリック。
アムリプ10mg(ノルバスクのジェネリック薬)
アムリプ10mg(ノルバスクのジェネリック薬)
持続性があり安全性も高いとされているノルバスクのジェネリック薬です。
インデラル
インデラル
β受容体遮断作用により血圧を低下させ、また心拍数を下げて狭心症の発作を予防し、頻脈性不整脈を抑制します。
ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)
ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)
フルセミドとスピロノラクトンの複合剤
close
期間限定セール
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->