アムリプ10mg画像

アムリプ10mg(ノルバスクのジェネリック薬)

心臓や体の血管を広げて血流をよくします。そうすると血液の抵抗が減り、血圧が下がります。また、心臓の収縮をおさえて、心臓を休ませる働きもします。
※高血圧や狭心症の治療に使用されます。


製 品 名:
Amlip10mg
製 造 元:
Cipla Ltd.
薬効分類:
血管拡張剤
一 般 名:
アムロジピンベシル酸塩
日 本 名:
アムリプ(ジェネリックノルバスク)
内 容 量:
200錠/箱(30錠と100錠はシート発送)
関連商品:
アムロピン
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アムリプ10mgの特徴

アムリプは、高血圧症と狭心症に対して効果がある医薬品で、ジェネリックノルバスクの一種です。

アムリプ10mgの効能

ジェネリックノルバスク(アムリプ)の有効成分はアムロジピンです。
この物質は、カルシウムイオンが血管壁の細胞に入り込むのを阻害する働きを示し、このことにより血管の収縮と血圧の上昇を抑えます。
このような作用を示すアムリプをはじめとするジェネリックノルバスクは「カルシウム拮抗薬」と呼ばれています。

アムリプ10mgの用法用量

ジェネリックノルバスク(アムリプ)は、成人男性の場合は治療する症状に応じて2.5~5.0mgを1日1回、6歳以上の小児には2.5mgを1日1回投与するのが標準的な用法です。
ただし、成人男性は10mg、6歳以上の小児は5.0mgを超えて1日に投与させてはならないこととされています。
また、服用することにより、むくみ、火照り、頭痛、動悸、めまいやふらつき、便秘、嘔吐などの症状が出ることがあるほか、まれに肝機能障害や血小板の減少、白血球の減少などの重篤な副作用が起こる可能性があります。
しかし、用法・用量を守って服用していれば、これらのリスクは最小限に抑えることができます。

アムリプ10mgの一般的注意

アムリプにはこの他にも注意事項がいくつかあります。
妊娠中の女性に対しては使用できないという点はその一つです。
また、血圧降下薬やグレープフルーツジュースなど、併用により作用が増強される可能性のある薬剤等もあるので、服用の際は医師からの指導をよく聞くだけでなく、添付文書に目を通しておくことも必要です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
リパンシール
リパンシール
血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすお薬です。動脈硬化も予防してくれます。
アムロピン
アムロピン
全世界で一番利用されている降圧剤のジェネリック医薬品 ※ノルバスクのジェネリック薬です。
ヒドロクロロチアジド25mg
ヒドロクロロチアジド25mg
穏かな効き目のチアジド系利尿剤です。むくみ改善に!
ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)
ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)
フルセミドとスピロノラクトンの複合剤
ゾコール
ゾコール
HMG-CoA リダクターゼ(還元酵素)阻害物質で、血液中のトリグリセリド値とコレステロール値を下げるために使われます。
close
期間限定セール
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->