アダラートCR画像

アダラートCR

血圧を下げるカルシウム拮抗薬です。効き目がよく安全性が高いので、高血圧の治療に第一選択されています。


製 品 名:
AdalateCR
一 般 名:
ニフェジピン
製 造 元:
Bayer
薬効部類:
血管拡張剤
日 本 名:
アダラートCR、セパミット
内 容 量:
30錠/箱
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アダラートCR 効能

『アダラートCR』はバイエル薬品株式会社が製造・販売を行っているカルシウム拮抗薬です。

アダラートCRはニフェジピンと呼ばれる血管拡張薬を主成分としており、ニフェジピンの作用により、心臓や血管が収縮させるカルシウムイオンが細胞内へ流入することを抑制し、血管を拡張することで高血圧症や狭心症の症状を緩和します。

また、ニフェジピンには心筋の緊張を和らげる効果もあるため、心筋梗塞の治療薬としても用いられています。

アダラートCR 用法用量

このカルシウム拮抗薬の用法および使用量は、服用者が患っている病気の種類によって異なるため、服用する前には必ず医師から指導を受ける必要があります。

高血圧症の成人の場合、初回は1日1回10~20mgの服用から開始し、その後は必要に応じて徐々に増量し、1日1回20~40mgを服用の目安とします。

狭心症の成人の場合では、初回から1日1回40mgを服用し、必要に応じて適宜服用量を増やしていきますが、1日あたりの服用量は最大でも60mgまでと定められています。

アダラートCR 副作用

アダラートCRには副作用も確認されており、頭痛・動悸・便秘・発疹・かゆみなど、様々な症状があらわれることがあるほか、体質によっては肝機能障害や意識障害といった症状があらわれることもあり、そうした場合には速やかに医師の診察を受けるようにします。

アダラートCR 注意

アダラートCRの服用期間中は、血圧が低下することによって眩暈やふらつきが発生する場合があるため、車の運転や高所作業、危険物の取り扱いなどは極力行わないようにすることが挙げられます。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
オルメテック
オルメテック
アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬と呼ばれる新しいタイプの降圧薬です。
フレティック 40mg/500mg(ラシックスのジェネリック)
フレティック 40mg/500mg(ラシックスのジェネリック)
「むくみ」をとり、血圧を下げるお薬です。浮腫や高血圧症のほか、心不全の治療にも用います。 ※ラシックスのジェネリック薬です。
リパンシール
リパンシール
血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすお薬です。動脈硬化も予防してくれます。
ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)
ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)
フルセミドとスピロノラクトンの複合剤
アムロピン
アムロピン
全世界で一番利用されている降圧剤のジェネリック医薬品 ※ノルバスクのジェネリック薬です。
close
期間限定セール
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->