スプレファクトE画像

スプレファクトE

視床下部に働き脳下垂体ホルモン分泌を抑制するLH-RH剤(GnRHアゴニスト)点鼻薬です。


製 品 名:
SuprefaxtE
製 造 元:
sannofi-aventis
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
酢酸ブセレリン
内 容 量:
15mg/箱
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

スプレファクトEの効能・特徴

「スプレファクトE15mg/点鼻タイプ」は、視床下部に働き脳下垂体ホルモン分泌を抑制するHoechstAG社製(ドイツ)のLH-RH剤(GnRHアゴニスト)点鼻薬のひとつです。
GnRH(ゴナドトロピン放出ホルモン)が分泌されると、脳下垂体ホルモンFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)が作用し、卵巣内の卵が成長して排卵をします。
LH-RH剤は、脳幹から下垂体に対するGnRHの指示を阻害することにより下垂体ホルモンの分泌を抑制して、気まぐれな排卵や成長を抑制し人為的に卵を熟成させます。
これらの作用から、LH-RH剤は女性ホルモンの影響を受けやすい不妊、子宮内膜症、子宮筋腫等の治療や症状改善用いられます。

スプレファクトEの用法用量

用法は、左右鼻腔内に噴霧して使用します。1日3回(朝・昼・晩)。
  症状により使用方法が異なりますので医師にご相談ください。

スプレファクトEの副作用

可能性のある副作用としては、肩こり、頭痛、ほてり、冷え、不正出血等が挙げられます。
またエストロゲン低下によるうつ症状が現れることもあります。

スプレファクトEの注意事項

・使用に際しての注意点としては、肝臓病、高血圧、糖尿病、心臓病等持病のある方は使用前に医師と相談することが必要です。
・また、授乳中や妊娠中の方は使用できません。
・使用中の避妊は、ピル以外の方法で行ってください。 
  ・お薬を安全に使用し効果を得るためには、効能・用法・副作用を理解し、適切な用法・用量を守ることが大切です。
  ・骨量の激減を防ぐため、半年以上の長期間連続使用は避けてください。

エストロモン

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ノルバデクス10mg
ノルバデクス10mg
主に乳がん治療薬として用いられ、エストロゲンの作用を抑制します。
ウィンゾロン10mg
ウィンゾロン10mg
アナボリックステロイドとよばれ、筋肉を増強させる効果があります。体脂肪燃焼の効果が高く、筋肉量の増加が期待できるため人気があります。
クリオバンス
クリオバンス
更年期障害の諸症状を緩和し、女性ホルモンの減少に由来する悩みを改善します。
プロビロン25mg
プロビロン25mg
メステロロンを主成分とする男性ホルモン剤です。男性ホルモンが不足する事による症状を緩和する働きがあります。
オルガメッド10mg(プロベラ錠のジェネリック)
オルガメッド10mg(プロベラ錠のジェネリック)
合成プロゲステロン
※プロベラのジェネリック
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->