プロベラ5mg画像

プロベラ5mg(黄体ホルモン)

女性ホルモンの黄体ホルモンを補うための薬で天然の黄体ホルモンに同等な作用をするため多くの産婦人科で処方されております。


製 品 名:
Provera 5mg
製 造 元:
ファイザー
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
メドロキシプロゲステロン酢酸エステル
日 本 名:
プロベラ
内 容 量:
100錠/1ボトル
関連商品:
エストロモン
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

プロベラ5mg(黄体ホルモン)の関連商品があります。

プロベラ5mg(黄体ホルモン)のジェネリックがあります。

プロベラ5mg(黄体ホルモン)の関連の薬があります。

プロベラ5mg(黄体ホルモン)の効能

黄体ホルモンを補うことで女性が抱えるさまざまな悩みを改善できる医薬品です。

黄体ホルモンは女性ホルモンの一種。
このホルモンと卵胞ホルモンがバランスをとりつつ月経周期が維持されています。
そのため黄体ホルモンの分泌量が減少してしまうと月経異常が生じるほか、不妊症や切迫流産・早産といった問題が生じるのです。
この女性ならではの悩みをプロベラ5mgで黄体ホルモンを補うことで改善・緩和することができるのです。
とくに近年では更年期障害に悩む女性に役立てられています。

プロベラ5mg(黄体ホルモン)の用法

黄体ホルモンを過剰に摂取しすぎるとかえってバランスを崩してしまう恐れがあります。
そのため服用の際には用量に注意が必要です。
製品は5mgとなっていますが、実際の服用量は2.5~15mgと効果と症状によって幅があります。
また、必要量を1度で摂取するのではなく、1日1~3回に分けて摂取する場合もあります。

プロベラ5mg(黄体ホルモン)の注意事項

服用上の注意点としては、妊娠中には適さないことです。
服用中に妊娠が判明した場合はもちろん、妊娠の可能性がある段階で服用は避けます。
また、脳梗塞や心筋梗塞、血栓静脈炎をはじめとした血栓性の疾患の既往歴がある人、肝臓障害を抱えている人なども服用に適しません。

プロベラ5mg(黄体ホルモン)の副作用

黄体ホルモンの摂取がもたらす副作用にも注意が必要です。
吐き気は飲み始めによく見られるもので、飲み続けているとだんだん体が慣れてきて気にならなくなります。
同じように飲み始めの時期に乳房が張ったり痛みを感じることもあります。他には食欲不振や月経異常なども見られるので注意しましょう。

エストロモン

この商品を買った人はこんな商品も買っています
エストロモン
エストロモン
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)
※プレマリンのジェネリック薬です。
エチニラ0.05mg
エチニラ0.05mg
プロセキソールやリノラルと同成分の合成卵胞ホルモン剤!更年期期障害の緩和などに。
デキサメタゾン
デキサメタゾン
炎症やアレルギー性の病気の症状を改善するほか、リウマチの症状を抑制する作用などがあります。
オキシポロン50mg
オキシポロン50mg
最強の経口ステロイド!通常の筋肉増加量をはるかに超える効果を発揮!
プレモン(プレマリンジェネリック)
プレモン(プレマリンジェネリック)
プレマリンのジェネリック。卵胞ホルモンを補って更年期障害の辛い症状を緩和してくれます。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->