PrimolutN プリモルトN 5mg画像

プリモルトN(黄体ホルモン)


製 品 名:
Primolut N 5mg
製 造 元:
Schering(現バイエル・ホールディング㈱)
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
ノルエチステロン
日 本 名:
プリモルトN錠
関連商品:
エストロモン
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
プリモルトN錠5mg 5シート(50錠) ¥3,600カートに入れる

プリモルトN(黄体ホルモン)のジェネリックがあります。

プリモルトN(黄体ホルモン)の関連の薬があります。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
プロゲストゲル(女性ホルモン剤)
プロゲストゲル(女性ホルモン剤)
プロゲステロン(黄体ホルモン剤)
※ゲル外用薬
\4,000
テストヒール40mg
テストヒール40mg
男性ホルモンの働きが充分でない時に起こる症状の改善をする薬です。性欲の低下を治療したい方や男性機能を活発にしたい人におすすめです。
\4,000
メダナボル10mg
メダナボル10mg
筋肉増強の強い味方!世界で最も使用されているステロイド「ダイアナボル」と同成分!筋肉増強の強い味方!
\2,400
シントシノン点鼻薬 (オキシトシン)
シントシノン点鼻薬 (オキシトシン)
授乳前に点鼻するとことで母乳の排出を促進し、授乳や搾乳の補助、乳腺炎の予防に
\5,820
デキサメタゾン
デキサメタゾン
炎症やアレルギー性の病気の症状を改善するほか、リウマチの症状を抑制する作用などがあります。
\6,960

プリモルトN(黄体ホルモン)の効能

経周期の変更(短縮及び延長)、 無月経、月経周期異常(稀発月経、多発月経)ほか

プリモルトN(黄体ホルモン)の用法

常、成人1日5~10mgを1~2回に分割経口投与する。
月経周期延長のときは1日5mgを月経予定5日前から投与しはじめ、月経周期延長希望日まで連続投与する。
月経周期短縮のときは1日5mgを卵胞期に投与し、数日間連続投与する。

プリモルトN(黄体ホルモン)の使用上の注意

月経周期の変更(短縮及び延長)に使用する場合は、妊娠していないことを確かめること。 また、服用中、妊娠することがあってはならないので、適切な非ホルモン法による避妊を行うように注意すること。

プリモルトN(黄体ホルモン)の副作用

乳房痛、予定外の出血、吐き気、食欲不振、腹痛、胃の膨満感、下痢、むくみ、体重増加、 にきび、めまい、頭痛、眠気、発疹、肝機能異常

エストロモン

⇒ その他のホルモン剤はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->