プレモン画像

プレモン(プレマリンジェネリック)

プレマリンのジェネリック「プレモン」は、古くからある代表的な卵胞ホルモン薬です。のぼせや汗、動悸、頭痛、めまい、肩こり、不眠、イライラ等、更年期障害の辛い症状を和らげてくれます。


製 品 名:
Premon
製 造 元:
West-Coast Pharmaceutical Works Ltd.
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
結合型エストロゲン錠
日 本 名:
プレモン
内 容 量:
56錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

プレモン(プレマリンジェネリック)の関連商品があります。

プレモン(プレマリンジェネリック)の先発の薬があります。

プレモン(プレマリンジェネリック)の関連の薬があります。

プレモン(プレマリンジェネリック)の効能

プレマリンのジェネリック「プレモン」は、古くからある代表的な卵胞ホルモン薬です。
また、同じ成分で製造され、同じ効果が期待できるプレマリンのジェネリック医薬品「エストロモン」も卵胞ホルモン薬として有名です。
主に更年期障害の不快な症状を和らげるために用いられます。

更年期障害は、女性ホルモンのエストロゲンが急速に低下する事に対して体がついていかない状態を言います。
主な症状はのぼせや汗、動悸、頭痛、めまい、肩こり、不眠、イライラ等です。

プレモンなどの卵胞ホルモン薬は、体内で活性のエストラジオールに転換されて効果を発揮します。

閉経前後の方が、少量を用いることで、更年期障害にともなう不快な症状が改善されます。
特に、のぼせや発汗などの血管運動神経症状に高い効果があり、泌尿生殖器の萎縮にともなう膣の乾燥感や尿失禁にも有効です。

また、長期的に服用する事で骨粗鬆症の予防効果も期待されます。
主に更年期障害の治療に使われますが、卵巣欠落症状や卵巣機能不全症、腟炎、機能性子宮出血などにも有用とされています。

プレモン(プレマリンジェネリック)の用法用量

結合型エストロゲンとして使用する場合は1日0.625~1.25mgを、腟炎や機能性子宮出血などの治療には、1日0.625~3.75mgを経口服用します。

もちろん年齢、症状によって用量を調節する必要があります。

プレモンの服用にあたっての注意事項は、血栓症など持病や、アレルギーのある人は医師に事前に報告しておかなければいけません。
また、治療目的によって飲み方が異なり、更年期障害では黄体ホルモン薬との併用が原則となります。

プレモン(プレマリンジェネリック)の副作用

プレモンを飲む事によって起こる副作用は、 乳房の張りや痛み、予定外の出血、吐き気や嘔吐で、服用を始めて2~3ヶ月ほど経つと体が慣れてきて、症状が改善されていきます。

また血栓症が起こりうる事もあり、しびれや息切れ、胸痛が生じた場合は要注意です。

プレモン(プレマリンジェネリック)の注意事項

卵胞ホルモンによって悪化する乳がんや子宮がんがある場合は服用禁止となり、もし原因不明の不正出血がある場合は、子宮がんでないことを確認したうえで使用する必要があります。

同様に、血栓性静脈炎や心筋梗塞など、血栓性疾患のある人も使用できません。

現在通院中、または薬を服用中の方は、プレモン服用前に必ず医師にご相談ください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
デカデュラボリン注射剤
デカデュラボリン注射剤
持続性蛋白同化ステロイド剤
ウィンゾロン10mg
ウィンゾロン10mg
アナボリックステロイドとよばれ、筋肉を増強させる効果があります。体脂肪燃焼の効果が高く、筋肉量の増加が期待できるため人気があります。
シントシノン点鼻薬 (オキシトシン)
シントシノン点鼻薬 (オキシトシン)
授乳前に点鼻するとことで母乳の排出を促進し、授乳や搾乳の補助、乳腺炎の予防に
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->