ノルコルト画像

ノルコルト(黄体ホルモン)

生理日の調整に応用される黄体ホルモン剤です。プリモルトNのジェネリック薬です。


製 品 名:
Norcolt
一 般 名:
ノルエチステロン
製 造 元:
Gedeon Richter(ハンガリー)
薬効部類:
経口黄体ホルモン剤
日 本 名:
ノルコルト
内 容 量:
20錠 / 箱
先発の薬:
プリモルトN
関連商品:
エストロモン
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ノルコルト(黄体ホルモン)の関連商品があります。

ノルコルト(黄体ホルモン)特徴

ノルコルトは、生理を遅らせたり、早めたりする強い女性ホルモン剤です。
リモルトNは、同様の効果のある医薬品ですが、ノルコルトはリモルトNのジェネリック医薬品になっています。
黄体ホルモンの働きで、やむおえない事情で、生理周期を変えたい時に使われることが多くなっています。
他の女性ホルモン剤に比べると、比較的副作用が少なく、安全性の高い医薬品です。
無月経や月経不順を改善する働きがありますし、不妊症の改善にも効果が高いと言われています。
旅行に行く予定があったり、スポーツの試合に出なくてはいけない時に、服用している方が多くなっています。
黄体ホルモンの働きで、生理日を延長したり、早めたりできるので予定のある時でも安心です。

ノルコルト(黄体ホルモン)用法用量

用法用量は症状及び個人によって異なります。必ず服用時は医師の指示に従ってください。
通常成人は、プリモルト5mgとして1日5mgから10mgを1~2回経口服用する。
●月経周期延長の場合…1日5mgを月経予定5日前から服用し始め、月経周期延長希望日まで連続服用する。
●月経周期短縮の場合…1日5mgを卵胞期に服用し数日間連続服用する。

ノルコルト(黄体ホルモン)副作用

飲み始めに多いのは吐き気や嘔吐、乳房の張りや痛み、頭痛とされています。

ノルコルト(黄体ホルモン)注意

・肝疾患等の既往病がある方、妊娠中もしくは可能性のある方は医師と相談してください。
・心臓病や肝臓疾患のある方も服用する際は医師とご相談ください。
・重度の肝臓病がある場合は禁忌です。
・長期使用の場合は定期的に検査を受けるようにしてください。
・周期的投与法など変則的になることが多いので医師の指示通り服用することが重要です。

エストロモン

この商品を買った人はこんな商品も買っています
クリマラ(女性ホルモン剤)
クリマラ(女性ホルモン剤)
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)
※外用薬
クロミッドジェネリック50mg
クロミッドジェネリック50mg
クロミッドのジェネリックです。排卵障害による不妊症に用います。
オキシトシン(Oxytocin)30ml
オキシトシン(Oxytocin)30ml
授乳や搾乳の補助、乳腺炎の予防に。また、自閉症の治療に効果があったとの報告があり大変話題となっています。
プロベラ100mg(黄体ホルモン)
プロベラ100mg(黄体ホルモン)
合成プロゲステロン
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->