メプレート10mg画像

メプレート10mg(プロベラ錠のジェネリック)

メプレート10mgは、女性ホルモン(黄体ホルモン)補助製剤「プロベラ」のジェネリック医薬品です。


製 品 名:
Meprate10mg
製 造 元:
Maneesh Pharmaceuticals Ltd.
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
メドロキシプロゲステロン酢酸エステル
日 本 名:
メプレート
内 容 量:
100錠/1箱
関連商品:
エストロモン
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

メプレート10mg(プロベラ錠のジェネリック)の先発の薬があります。

メプレート10mg(プロベラ錠のジェネリック)の関連の薬があります。

メプレート(プロベラ錠のジェネリック)の特徴

メプレート10mgは、女性ホルモン(黄体ホルモン)補助製剤「プロベラ」のジェネリック医薬品です。

生理不順や無月経、機能性子宮出血や不妊症、流産など、黄体ホルモンの不足やバランスのくずれで起こるさまざまな症状を改善します。

また、子宮がんのリスクを減少させるためにも使われます。

メプレート(プロベラ錠のジェネリック)の効能

無月経、月経周期異常(稀発月経、多発月経)、月経量異常(過少月経、過多月経)、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、切迫流早産、習慣性流早産、乳がんと子宮がん治療。

※乳がんの場合は他の治療薬で効果が得られないケースなどに使用されることが多いです。

メプレート(プロベラ錠のジェネリック)の用法用量

メプレートは通常成人1日2.5~15mgを1~3回に分割して経口投与します。

メプレート(プロベラ錠のジェネリック)の副作用

乳房の張りや痛み、体重増加、吐き気、消化不良、頭痛、めまい、神経質、うつ病、睡眠障害(不眠症)、発疹やかゆみなどの皮膚反応、にきび、増加した髪の成長(多毛症)、抜け毛(脱毛症)。

上記はプロベラ錠(メプレートの先発薬)の製造元によって報告された副作用の一部です。

メプレート(プロベラ錠のジェネリック)飲み合わせ

下記の薬等を服用している場合は服用する前に医師または薬剤師に相談してください。

●抗てんかん薬:例えばフェニトイン、フェノバルビタール、プリミドン、カルバマゼピン、オキシカルバゼピン、トピラマート等
●アプレピタント
●バルビツール酸塩
●ボセンタン
●グリセオフルビン
●モダフィニル
●ネルフィナビル
●ネビラピン
●リトナビル
●リファンピシン
●リファブチン
●薬草セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)

メプレート(プロベラ錠のジェネリック)一般的注意

メプレートは妊娠中または授乳中には使用できません。
また、脳梗塞や心筋梗塞、重い肝臓病疾患がある方、診断未確定の性器出血、尿路出血のある患者、稽留流産の方も使用できませんので注意が必要です。
長期メプレートを服用する場合は必ず定期的に検査を受けるようにしてください。

エストロモン

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ビザンヌ2mg
ビザンヌ2mg
子宮内膜症のお薬です。女性ホルモンの分泌をゆるめ病巣組織の増殖をおさえます。
アドバンテージDX
アドバンテージDX
男女兼用の媚薬!濃密で濃厚な幸福感を味わうことができます。
オルガメッド10mg(プロベラ錠のジェネリック)
オルガメッド10mg(プロベラ錠のジェネリック)
合成プロゲステロン
※プロベラのジェネリック
スプレファクトE
スプレファクトE
視床下部に働き脳下垂体ホルモン分泌を抑制するLH-RH剤(GnRHアゴニスト)点鼻薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->