マレフェMTF10mg画像

マレフェMTF10mg

マレフェMTFは黄体ホルモン剤で、プロベラのジェネリックです。 男性ホルモンの一つであるアンドロゲンを抑制する働きがあります。


製 品 名:
MalefeMTF10mg
製 造 元:
Pfizer Ireland Pharmaceuticals
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
メドロキシプロゲステロン酢酸エステル
日 本 名:
マレフェMTF
内 容 量:
100錠 / 箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

マレフェMTF10mgの先発の薬があります。

マレフェMTF10mgの関連の薬があります。

マレフェMTF10mgの特徴

マレフェMTFは黄体ホルモン剤で、プロベラのジェネリックになります。
プロベラと同様、男性ホルモンの一つであるアンドロゲンを抑制する働きがあり月経異常や機能性子宮出血不妊症、流早産の治療などに用いられます。

また、プレマリンと併用して服用することでプレマリンの女性化の効果を促進する作用を発揮しバストアップ効果として使用する方もいます。
女性の閉経前後はホルモンバランスが崩れることが多く、それらは黄体ホルモンの不足と大きく関係しています。
症状としては動悸、鬱状態、目まい、ほてり、息切れ、吐き気などになります。
そこで、マレフェMTFを服用することで黄体ホルモンを補いホルモンバランスを正常に導いてくれます。

マレフェMTF10mgの用法

1日に1回もしくは3回に分けて2.5mg~15mg服用。

マレフェMTF10mgの副作用

副作用で発疹、脳梗塞、心筋梗塞、吐き気、頭痛、だるさなどが報告されています。
そのほかにも副作用はありますので副作用の症状が重い場合は服用を中止したほうがいいでしょう。
また、重い肝機能障害、肝疾患、脳梗塞、心筋梗塞、血栓静脈炎などの病気にかかったことがある・疑いがある方は使用しないで下さい。
該当する疑いがあるようであれば必ず医師にご相談ください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
デカデュラボリン注射剤
デカデュラボリン注射剤
持続性蛋白同化ステロイド剤
スピロノラクトン(ハイレス 25mg)
スピロノラクトン(ハイレス 25mg)
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)
オキシトシン・ラブ(愛情ホルモン)
オキシトシン・ラブ(愛情ホルモン)
愛情に密接に関わる魅惑のホルモン。恋やビジネスをサポート!
ビザンヌ2mg
ビザンヌ2mg
子宮内膜症のお薬です。女性ホルモンの分泌をゆるめ病巣組織の増殖をおさえます。
メダナボル10mg
メダナボル10mg
筋肉増強の強い味方!世界で最も使用されているステロイド「ダイアナボル」と同成分!筋肉増強の強い味方!
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->