クロミッドジェネリック50mg画像

クロミッドジェネリック50mg

性腺刺激ホルモンの不足を改善、排卵を即し、無排卵月経の場合でも排卵できる状態へと導く排卵誘発剤です。


製 品 名:
Klomen50mg
製 造 元:
Kocak Farma
薬効分類:
抗ホルモン剤
一 般 名:
クロミフェンクエン酸塩
日 本 名:
クロミッド錠、クロミド
内 容 量:
10錠/1箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

クロミッドジェネリック50mgの先発の薬があります。

クロミッドジェネリック50mgの関連の薬があります。

クロミッドジェネリック50mgの特徴・効果

抗女性ホルモン剤のクロミッドのジェネリック医薬品です。 クロミッドジェネリック50mg(Klomen)は、排卵を調整する為の薬で、クエン酸クロミフェンを有効成分としています。

一般的には性腺刺激ホルモンの分泌を増やす作用により、無排卵月経の場合でも高い排卵の成功率を高めます。

作用として、性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌促進を脳に働きかけ、性腺刺激ホルモンの分泌が増えます。
そして、卵胞刺激ホルモンにより卵胞が成熟し、黄体形成ホルモンにより排卵がうながされるというものです。

女性の場合は無排卵月経の場合に利用される事が多く、男性の場合も医師の判断の下、男性不妊症に応用される事もあります。
男性に対しては、性腺刺激ホルモンが睾丸を刺激し、男性ホルモンの分泌が活発なることで、精子の形成を促進する働きに注目されています。

不妊治療として代表的な排卵誘発剤で、排卵がない場合最初に用いられることが多く、比較的副作用が少ないとも言われています。

クロミッドジェネリック50mgの用法用量

通常、第1クールとして1回1錠(主成分として50mg)を1日1回、消退性出血または月経開始日5日目から5日間服用します。
第1クールで効果ない場合、1日2錠(100mg)を5日間服用します。

※用量、期間は1日2錠(100mg)5日間を限度とします。
必ず指示された服用方法に従ってください。

クロミッドジェネリック50mgの成分

クエン酸クロミフェン(Clomifene Citrate) 50mg

クロミッドジェネリック50mgの副作用

眠気、目のかすみ、発疹、肝臓機能の変化、吐き気・おう吐、食欲不振、頭痛、腹痛などの痛み 、顔の紅潮やほてり、口の渇き、疲労感、尿量の増加、情緒不安定によるイライラなどの症状が現れることがあります。

クロミッドジェネリック50mgの注意事項

●子宮がん、乳がん、卵巣がん、卵巣の腫大、肝臓病がある場合は使用できないこおがあります。
●子宮筋腫や子宮内膜症、乳がんの既往歴、乳房結節、乳腺症のある人は、病状悪化の可能性があります。
●妊娠中の服用は禁止です。とくに妊娠初期の服用を避けるために、基礎体温を測るなどの対策が必要です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
リノラル (エチニルエストラジオール)
リノラル (エチニルエストラジオール)
エチニルエストラジオール(合成卵胞ホルモン剤)
スピロノラクトン(ハイレス 100mg)
スピロノラクトン(ハイレス 100mg)
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)
チロノーム
チロノーム
甲状腺障害や手術などにより不足してしまった、甲状腺ホルモンを補う為に使用される甲状腺ホルモン剤。
スピロノラクトン100mg
スピロノラクトン100mg
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)です。高血圧症や 男性の抜け毛対策などに用いられます。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->