スピロノラクトン(ハイレス 100mg)画像

スピロノラクトン(ハイレス 100mg)

アルダクトンのジェネリック医薬品です。
本来スピロノラクトン(ハイレス)は利尿剤として開発された薬ですが、抗アンドロゲン(男性ホルモンを抑制)と同様の効果があります。


製 品 名:
Hyles100
製 造 元:
Berlin Pharmaceutical Industry Co.,Ltd.
薬効分類:
抗ホルモン剤
一 般 名:
スピロノラクトン
日 本 名:
アルダクトン
関連の薬:
ハイレス 25mg
スピロノラクトン100mg
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

スピロノラクトン(ハイレス 100mg)の先発の薬があります。

スピロノラクトン(ハイレス 100mg)の関連の薬があります。

スピロノラクトン(ハイレス)の特徴

スピロノラクトン(ハイレス)は、尿を出してむくみをとったり、血圧を下げる効果がある薬です。
長年高血圧治療に用いられていたお薬で、非常に高い利尿効果があります。
日本国内で承認されている、アルダクトンA錠と同一の有効成分・スピロノラクトンを含有しています。
さらに、この利尿効果とは別に男性ホルモン(アンドロゲン)の働きを抑える作用が認められており、この作用により大人ニキビを改善していきます。
ニキビに対する効果は非常に高く、服用の中止後もリバウンドが起きにくいと言われています。

スピロノラクトン(ハイレス)の成分

スピロノラクトン 100mg

スピロノラクトン(ハイレス)の用法用量

一般的用法: 1日 50mg~100mgを2~3回に分けて服用(1回量25mgまたは50mg)

※「原発性アルドステロン症の診断及び症状の改善」の適応には他剤と併用することが多い。

スピロノラクトン(ハイレス)の副作用

胃腸系障害 (吐き気、悪心)
乳房 (女性型乳房、乳房緊満感、乳房痛等)
内分泌系 (副腎皮質機能の低下)
精神神経系 (抑うつ、頭痛、眠気等)
その他 (疲労感、生殖能抑制、倦怠感)

スピロノラクトン(ハイレス)の注意事項

妊娠中には絶対投与しないようにしてください。(産婦人科医の指導下にて使用してください)
霧視などの視覚症状が起こることがあるので、自動車などの危険を伴う機械の運転は控えるようにしてください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
プレドニゾロンジェネリック 5mg/25mg
プレドニゾロンジェネリック 5mg/25mg
炎症やアレルギーに用いられるステロイド剤です。国内でも処方される成分のため安心です。
ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)
ラシラクトン(フルセミド/スピロノラクトン)
フルセミドとスピロノラクトンの複合剤
ビザンヌ2mg
ビザンヌ2mg
子宮内膜症のお薬です。女性ホルモンの分泌をゆるめ病巣組織の増殖をおさえます。
エイジディフェンス(HGHパッチ)
エイジディフェンス(HGHパッチ)
若返り効果のあるヒト成長ホルモン(HGH)をパッチで補えます。様々なアンチエイジング効果が期待できます。
フェモストン(エストロゲン プロゲステロン配合)
フェモストン(エストロゲン プロゲステロン配合)
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の配合剤
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->