エストロモン画像

エストロモン

エストロモンはプレマリンのジェネリック薬で「卵胞ホルモン」を補うために処方されます。


製 品 名:
ESTROMON 0.625mg
製 造 元:
STANDARD CHEM.&PHARM.CO.,LTD
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
結合型エストロゲン錠
日 本 名:
エストロモン
内 容 量:
100錠 / 箱
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

エストロモンの関連商品があります。

エストロモンの先発の薬があります。

エストロモンの関連の薬があります。

エストロモン

エストロモンの効果・特徴

エストロモン有効成分が女性ホルモンのひとつである「卵胞ホルモン」を補う作用があり、通常「更年期障害」の治療に用いられます。
その他に骨粗しょう症などの治療にも用いられることもあります。

エストロモンは日本でも知名度の高い「プレマリン」のジェネリック薬で成分・効果も同じです。ジェネリック薬の為、安価でプレマリンと同様の効果を得ることができるので高い支持を得ております。

エストロモンの作用

エストロモンは更年期障害治療薬です。
閉経によって女性ホルモンが急速に低下してしまい、体温調整がうまく行えなかったり、精神的に負荷がかかってしまったりと人によってさまざまです。
エストロモンは特にのぼせや発汗などの血管運動神経症状に効果が高いほか子宮の萎縮にともなう膣の乾燥感や失禁にも効果が高いと言われています。
また、エストロモンの長期服用により骨粗しょう症の予防にも有効であることが研究結果によりわかっています。
もちろん上記した症状以外にも、女性ホルモン低下による更年期障害症状であれば適応します。

エストロモンの用法と用量

結合型エストロゲンとして、通常成人1日エストロモン 0.625~1.25mgを服用する。
機能性子宮出血又は腟炎に対しては、1日エストロモン 0.625~3.75mgを服用する。
服用は基本的に1日1回で翌朝晩に分ける必要もありませんが、きちんとカウンセリングを受けて相談した医師に摂取量を決めてももらうことが大切です。

女性ホルモンが低下すると

更年期には女性ホルモンが低下するためあらゆる箇所に不調が出やすくなります。

個人差が大きいのですが、年齢的には40代半ばから50代半ばぐらいを更年期と呼んでいますが、早い人では30代後半で始まる人もいます。
エストロゲンは女性ホルモンの一つですが、この分泌量が年々減ってきて、そのうち分泌されなくなり、惚れりや発汗、イライラなどの症状が見られるようになってきます。
エストロゲンとは卵胞ホルモンのことを言います。
女性の体はこの卵胞ホルモンと黄体ホルモンと言われるプロゲステロンの2つの働きによって調整されているのです。

【エストロゲンの働き】
エストロゲンの働きは自律神経や感情の働き、基礎体温を下げる働きがあり、若い女性であれば妊娠に備えて子宮の内幕を厚くする働きも持っています。
分泌が多くなる時期は生理の終わりごろから、排卵前にかけてで、卵胞期であるため体も心も比較的安定しています。

【プロゲステロンの働き】
黄体ホルモンのプロゲステロンの働きは、妊娠を助けるホルモンであり、妊娠を継続させることにあります。
体内の水分を保持したり、基礎体温を上げる働きも持っています。
分泌時期は排卵後から次の生理にかけて分泌されますが、人によっては腹痛や腰痛、精神的に不安定な状態になりイライラしたり、うつの症状が出ることもあります。

更年期症状は症状が軽い人もいれば重い人もいますが、同時に骨粗鬆症や高血圧、乳がんなどにも気をつけなければいけません。
症状が重い人は女性ホルモン剤のエストロモンを服用すれば症状を和らげることは可能です。
最初の1カ月は1日当たり1錠から3錠で、様子をみて次の月からは1錠増やすこともあります。

エストロモンの副作用

エストロモンは女性ホルモンの減少を補い、更年期症状の緩和に有効で、その他にも血液を固まりやすくするなどの、止血を助ける作用もありますが副作用もあります。
主に報告されている副作用は乳房痛、吐き気、食欲不振、月経量の変化などがあります。
これらの症状は服用を2~3ヶ月続けると身体が慣れてきますので、特に注意する必要はありませんが、気になる場合は医師にご相談ください。

発症の可能性はほとんどありませんが、エストロモンの重い副作用として血栓症を引き起こすこともあります。
血栓症の初期症状は手足の痛み・はれ・むくみ・しびれ、胸の痛み、突然の息切れ・息が苦しい、急に視力が落ちる、視野が欠ける、目が痛む、頭痛、片側の麻痺、うまく話せない、意識が薄れるなどがあります。
万一の場合はエストロモンの使用を中止し、早急に医師に受診してください。

また、本来は大人の女性が服用するものなので、思春期の人は骨端の早期閉鎖といって身長が伸びなくなる可能性があります。

エストロモン禁忌

  • エストロモン(女性ホルモン剤)の成分に対し過敏症の既往歴がある
  • 血栓性静脈炎や肺塞栓症、又はその既往歴がある
  • 妊婦又は妊娠している可能性がある女性
  • エストロゲン依存性腫瘍(乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者
  • 動脈性の血栓塞栓疾患(冠動脈性心疾患、脳卒中)又はその既往歴のある患者
  • 糖尿病を患っている人や、腎臓と心臓に病気のある人は服用してはいけません。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
プロゲスタン 100mg/200mg
プロゲスタン 100mg/200mg
黄体ホルモン剤。妊娠を維持する働きや生理不順、無月経などに使用されます。
プレドニゾロン
プレドニゾロン
ステロイド
クリオバンス
クリオバンス
更年期障害の諸症状を緩和し、女性ホルモンの減少に由来する悩みを改善します。
アンドロキュアージェネリック50mg
アンドロキュアージェネリック50mg
男性ホルモン分泌を阻害する抗アンドロゲン剤です。男性ホルモンの影響による各種症状の改善に使用されます。
ハロフルオックス
ハロフルオックス
フルオキシメステロンを含有した男性ホルモン剤です。男性ホルモンを補うことで、男子性腺機能不全や男性不妊症、男子更年期障害の改善効果が期待できます。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->