デカデュラボリン注射剤画像

デカデュラボリン注射剤


製 品 名:
Deca-Durabolin 25mg
製 造 元:
オルガノン
薬効分類:
アナボリックホルモン剤
一 般 名:
ナンドロロンデカン酸エステル
内 容 量:
1アンプル(1ml)/箱
※本品に注射器は含まれておりません。
関連の薬:
アンドロリック50mg
ダナボルDS
サプリメント
筋肉増強サプリ
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

デカデュラボリン注射剤(持続性蛋白同化ステロイド)の効能・効果

骨粗鬆症、乳腺症、下垂体性小人症
・次の疾患による著しい消耗状態
  慢性腎疾患、悪性腫瘍、手術後、外傷、火傷
・次の疾患による骨髄の消耗状態
  再生不良性貧血

デカデュラボリン注射剤(持続性蛋白同化ステロイド)の用法用量

デカン酸ナンドロロンとして、通常成人1回25mg~50mgを筋肉内注射する。
なお、年齢、症状により適量増減する。

デカデュラボリン注射剤(持続性蛋白同化ステロイド)の適用上の注意

  • 筋肉内注射のみに使用すること。
  • 筋肉内注射にあたっては神経走行部位を避けるよう注意して注射すること。
  • 繰り返し使用する場合には、同一注射部位を避けること。
    なお、小児には連用しないこと。
  • 注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流を見た場合には直ちに針を抜き、部位を変えて注射すること。

デカデュラボリン注射剤(持続性蛋白同化ステロイド)の副作用

  • 嗄声
  • 男性ホルモン用作用
    女性 (多毛、ざ瘡、色素沈着、月経異常、陰核肥大、性欲亢進)
    男性 (ざ瘡、陰核肥大、陰萎、持続性勃起、大量継続投与による睾丸機能抑制(精子減少、精液減少など))
  • 過敏症状、悪心、頭痛、発疹、熱感、浮腫、咽頭部膨張感

この商品を買った人はこんな商品も買っています
プリモルトN(黄体ホルモン)
プリモルトN(黄体ホルモン)
ノルエチステロン(黄体ホルモン剤)
※月経周期変更薬
ユーシロクス(甲状腺ホルモン)
ユーシロクス(甲状腺ホルモン)
レボチロキシンナトリウム 不足している甲状腺ホルモンを補充します
ダナボルDS 10mg(筋肉増強剤)
ダナボルDS 10mg(筋肉増強剤)
ダナボルは摂取したタンパク質を筋肉に変える作用があり、筋肉増強につながる効果が期待できます。
プレドニゾロンジェネリック 5mg/25mg
プレドニゾロンジェネリック 5mg/25mg
炎症やアレルギーに用いられるステロイド剤です。国内でも処方される成分のため安心です。
スピロノラクトン(ハイレス 100mg)
スピロノラクトン(ハイレス 100mg)
抗アンドロゲン(抗男性ホルモン剤)
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->