サイノメル画像

サイノメル(チラージンと同成分)

甲状腺ホルモンを補う甲状腺ホルモン薬(T3)で日本でも認知度が高いチラージンと同成分のお薬です。
甲状腺機能低下症などに使用し、不足している甲状腺を補充します。おもに、橋本病など甲状腺炎にともなう甲状腺機能低下症の治療に使用されます。そのほかにも、甲状腺の腫瘍を抑える目的で使用する事もあります。「チロナミン」「リオチロニンナトリウム」とも同成分です。


製 品 名:
Cynomel 0.025mg
製 造 元:
サノフィ・アベンティス㈱
薬効分類:
甲状腺ホルモン剤
一 般 名:
リオチロニン ナトリウム
日 本 名:
チラージン、サイノメル
内 容 量:
30錠 / 1箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
サイノメル 1箱(30錠) 入荷待ち
サイノメル 2箱(60錠) 入荷待ち

サイノメル(チラージンと同成分)の効能

チラージンと同成分の甲状腺ホルモン剤です。
甲状腺機能が低下するとホルモンの分泌量が低下し、体にさまざまな影響を及ぼすことがあります。
また甲状腺に炎症が生じたまま慢性化してしまうケースも見られますが、サイノメルはこうした甲状腺ホルモンを補うことによって改善効果をもたらします。
他にも粘膜水腫やクレチン症状、甲状腺腫などにも一定の効果が期待できます。

サイノメル(チラージンと同成分)用法用量

用量については、甲状腺ホルモンに限らず、ホルモン剤は摂取過ぎるとホルモンバランスを乱してしまう恐れがあります。
サイノメルに関しては成人で最大1日25~75μg。
ただ、最初のうちは体を慣らすために1日5~25μg程度に留めます。
1~2週間程度間隔を空けながら少しずつ増やしていくことになります。

サイノメル(チラージンと同成分)飲み合わせ・食べ合わせ

甲状腺ホルモン剤は摂取の際にいくつかの注意点があります。
他の薬剤との併用で相互作用を起こしやすい特徴があるのです。

すでに薬物療法を受けている人は、医師に相談して使用が適しているかどうかを慎重に見極める必要があります。
注意すべき薬剤は、抗凝固剤、貧血の薬や胃腸薬などです。日ごろ何気なく使用している薬剤が相互作用を起こすこともあります。

サイノメル(チラージンと同成分)副作用

相互作用とは別に、単体でこの甲状腺ホルモン剤を摂取した場合に副作用が生じることがあります。

代表的な症状は、動悸や頻脈、不整脈といった心臓への影響、さらに頭痛、めまい、発汗、イライラ、不安感や食欲不振、吐き気などです。
また、甲状腺ホルモンがもたらす影響のため、心臓病や高血圧、心筋梗塞が起きてからまだ時間が経っていない人の服用には適していません。

⇒ その他のホルモン剤はコチラからご購入ができます。

ご注文からお届けまでの流れ(国内外商品)
ご注文からお届けまでの流れ
EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日
サイノメル 1箱(30錠) 入荷待ち
サイノメル 2箱(60錠) 入荷待ち

サイノメル(チラージンと同成分)の口コミ効果

クチコミを書いて50ポイントゲット!クチコミをかく!

close
限定SALE