シクロープロギノバ画像

シクロープロギノバ(エストロゲン)

閉経前後における女性ホルモン(エストロゲン)減少を主原因とする様々な体の変調や障害〈更年期障害〉を緩和する目的で使用される治療薬です。


製 品 名:
Cyclo-Progynova
製 造 元:
Schering(現バイエル・ホールディング㈱)
薬効分類:
女性ホルモン剤 (女性ホルモンを増やす)
一 般 名:
エストラジオール吉草酸エステル2mg
ノルゲストレル0.5mg
日 本 名:
シクロープロギノバ
関連商品:
エストロモン
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

シクロープロギノバ(エストロゲン)の効能

エストロゲンを補充することでホルモンバランスの乱れを改善する効果を持つホルモン製剤です。
主に更年期障害の改善に活用されています。

閉経期の更年期にはエストロゲンの分泌量が減少し、生理不順や倦怠感、イライラ、下腹部痛といったさまざまな心身の不調が見られます。
また骨の密度が低下することで骨粗しょう症のリスクも高まります。
シクロープロギノバはエストロゲンを外部から補うことでバランスを整え、更年期障害の症状を和らげることができるのです。

なお、このホルモン製剤には2種類あり、吉草酸エストラジオールが配合された白錠と、吉草酸エストロジオールとエストロゲン・プロゲステロンの2種類の女性ホルモンの合剤「ノルゲストレル」が配合されたブラウン錠です。
両方とも用法・用量を守って使用することになります。

シクロープロギノバ(エストロゲン)の成分

(白錠)Estradiol valerate(吉草酸エストラジオール)・・・2mg
(ブラウン錠)Estradiol valerate(吉草酸エストラジオール)・・・2mg、
ノルゲストレル(黄体ホルモンと卵胞ホルモン(エストロゲン)の合剤)・・・0.5mg

シクロープロギノバ(エストロゲン)の用法

エストロゲンの分泌不足を補うのが目的ですが、過剰摂取に陥るとかえって症状が悪化する恐れもあります。
エストロゲンが増えすぎたりしないよう、用量・用法に関しては更年期障害の症状や治療の進行状態に合わせて随時適切な形で決める必要があるため、医師とよく相談してください。

シクロープロギノバ(エストロゲン)の副作用

不正出血、月経量の増加ね乳房の痛み、吐き気などがあります。
短期間の服用ではそれほど副作用は問題になりませんが、長期的に使用を続けると血栓症が生じるなどのリスクが出てきます。
そのためにも定期的に健康状態を確認しながらの服用が求められます。

エストロモン

この商品を買った人はこんな商品も買っています
マレフェMTF10mg
マレフェMTF10mg
マレフェMTFは黄体ホルモン剤で、プロベラのジェネリックです。 男性ホルモンの一つであるアンドロゲンを抑制する働きがあります。
エルトロキシン(甲状腺ホルモン)
エルトロキシン(甲状腺ホルモン)
レボチロキシンナトリウム 甲状腺障害や手術で不足した甲状腺ホルモンを補う、甲状腺ホルモン剤です。
リノラル (エチニルエストラジオール)
リノラル (エチニルエストラジオール)
エチニルエストラジオール(合成卵胞ホルモン剤)
フルオキシメステロン5mg(ハロボル)
フルオキシメステロン5mg(ハロボル)
フルオキシメステロン5mg含有の男性ホルモン剤です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->