クロミッド画像

クロミッド

クロミッドはクロミドとも呼ばれ、女性の排卵障害を補助するお薬で、日本で広く用いられております。


製 品 名:
CLOMID 50mg
製 造 元:
サノフィ・アベンティス㈱(タイ発送)
Bruno Farmaceutici SpA(香港発送)
薬効分類:
抗ホルモン剤
一 般 名:
クロミフェンクエン酸塩
日 本 名:
クロミッド錠、クロミド
内 容 量:
10錠/1箱(香港発送)、20錠/1箱(タイ発送)
関連の薬:
オビナム
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

クロミッドのジェネリックがあります。

クロミッドの特徴・効果

クロミッド(クロミド)は女性の排卵障害を補助するお薬です。
排卵障害の原因のひとつにホルモンバランスの乱れが挙げられます。

通常排卵を行うためには卵胞刺激ホルモンと抗体刺激ホルモンを正常に分泌しなくてはいけないのですが、
それらのホルモンに乱れが生じていると排卵障害が起こってしまいます。
クロミッドを服用することでホルモンバランスを調節し、排卵を促すことができます。
クロミッドは日本で広く用いられており、排卵障害を持つ多くの女性が助けられている薬です。
またクロミッドは他の排卵障害補助薬よりも安く手に入るというメリットが存在します。

クロミッドの用法用量

通常の場合は1日1錠を月経開始日から5日間服用してください。
1錠服用して排卵が成功しない場合は5日目から1日2錠を5日間服用します。

クロミッドは最大量1日2錠までと決まっているので、それでも排卵障害が治らない場合は速やかに医師に相談するようにしましょう。
服用時間は自分で決めることができますが、服用を続ける間は時間を合わせるようにしてください。
薬を飲み忘れた場合は、気が付いた時に服用すれば問題ありません。

クロミッドの副作用

下腹部痛、卵巣腫大症状、視覚症状、吐き気などがあります。
服用後上記以外の症状が現れた時や、あまりにも症状が酷く治まらない時には医師から診断を受けるようにしてください。

クロミッドの注意事項

使用する際の注意事項として、妊娠中の方や妊娠の可能性がある方は服用を避けるようにしてください。
また服用後に霧視等の視覚症状などの副作用が現れることがあるので、車の運転や機械の操作は控えるようにしましょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
プレドニゾロンジェネリック 5mg/25mg
プレドニゾロンジェネリック 5mg/25mg
炎症やアレルギーに用いられるステロイド剤です。国内でも処方される成分のため安心です。
マレフェMTF10mg
マレフェMTF10mg
マレフェMTFは黄体ホルモン剤で、プロベラのジェネリックです。 男性ホルモンの一つであるアンドロゲンを抑制する働きがあります。
シクロゲスト400
シクロゲスト400
更年期障害を改善する座薬タイプの薬です。座薬なので腸での吸収が可能になります。
プロベラ錠10mg
プロベラ錠10mg
合成プロゲステロン
メプレート10mg(プロベラ錠のジェネリック)
メプレート10mg(プロベラ錠のジェネリック)
合成プロゲステロン
※プロベラのジェネリック
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->