アンドロリック(アナボリックホルモン剤)画像

アンドロリック(アナボリックホルモン剤)


製 品 名:
ANDROLIC
製 造 元:
The British Dispensary
薬効分類:
アナボリックホルモン剤
一 般 名:
オキシメトロン
関連の薬 :
デカデュラボリン注射剤
ダナボルDS
サプリメント
筋肉増強サプリ
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アンドロリック(アナボリックホルモン剤)の関連の薬があります。

アンドロリック(アナボリックホルモン剤)の作用

【蛋白同化ステロイド】
タンパクの合成を固め、筋肉の発達を良くする、造血機能をよくする等の作用があります。

アナボリック・ステロイドとは、すなわち男性ホルモン作用タンパク同化ステロイドの通称で、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分子構造を変更させタンパク同化作用を強めた男性ホルモンの類似物質です。筋肉はトレーニングすることにより筋細胞中のアンドロゲンのレセプターとテストステロンが結合し、タンパク同化作用が起こり筋量が増加します。
しかし人間のテストステロンの1日の分泌量には限界があるため、いくらトレーニングしても、ある程度のところで筋量が増えなくなってしまいます。そこでアンドロリックタブレットを使用することにより驚くほどの筋肉の発達が望めます。
また、再生不良性貧血、骨粗鬆症、小児小人症にも用いられます。

アンドロリック(アナボリックホルモン剤)の用法用量

一般的な服用量目安: 成人 1日 1錠

アンドロリック(アナボリックホルモン剤)の成分

Oxymetholone 50mg
オキシメトロン 50mg

アンドロリック(アナボリックホルモン剤)の副作用

* 男性
   ざ瘡、陰茎肥大、陰萎、持続性勃起、女性化乳房、大量継続投与で精子減少
* 女性
   嗄声、多毛、ざ瘡、色素沈着、月経異常、陰核肥大、性欲高進、脱毛、帯下の増加、
   乳房緊満、乳頭過敏

アンドロリック(アナボリックホルモン剤)禁忌

* アンドロゲン依存性腫瘍(例えば前立腺がん)及びその疑いのある患者
* 肝障害のある患者

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ビザンヌ2mg
ビザンヌ2mg
子宮内膜症のお薬です。女性ホルモンの分泌をゆるめ病巣組織の増殖をおさえます。
シクロープロギノバ(エストロゲン)
シクロープロギノバ(エストロゲン)
エストロゲン(卵胞ホルモン剤)
オルガメッド10mg(プロベラ錠のジェネリック)
オルガメッド10mg(プロベラ錠のジェネリック)
合成プロゲステロン
※プロベラのジェネリック
プロベラ錠10mg
プロベラ錠10mg
合成プロゲステロン
プリモルトN(黄体ホルモン)
プリモルトN(黄体ホルモン)
ノルエチステロン(黄体ホルモン剤)
※月経周期変更薬
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->