ジェニナックジェネリック200mg画像

ジェニナックジェネリック200mg

ジェニナックジェネリック200mgは抗菌剤ジェニナックのジェネリック医薬品です。
細菌の繁殖を防ぎ、扁桃炎や肺炎、気管支炎など呼吸器感染症を中心に用いられます。


製 品 名:
Zinox
製 造 元:
Glenmark Pharmaceuticals Ltd.
薬効分類:
合成抗菌剤(ニューキノロン系)
一 般 名:
ガレノキサシン 200mg
日 本 名:
ジェニナックジェネリック200mg
内 容 量:
10錠/箱
発送国:
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ジェニナックジェネリック200mgの特徴

ジェニナックジェネリック200mgは日本国内でも広く知られている抗菌剤ジェニナックのジェネリック医薬品です。
効果・特徴は抗菌剤ジェニナックと同様で、ガレノキサシンという有効成分の作用によって細菌の繁殖を防ぐことができます。
細菌はその内部に存在する核酸、DNAが増えることで繁殖していきますが、ガレノキサシンはこの核酸を阻害して細菌を根本からやっつけることが可能です。
新しいタイプのキノロン系抗菌薬ですので、ナリジクス酸など旧来の抗菌薬に比べ抗菌力が強く、いろいろな細菌に有効です。

具体的には、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎など呼吸器感染症を中心に用いられますが、中耳炎や副鼻腔炎にも適応します。主に細菌の感染によって引き起こされる病気に効果的です。

ジェニナックジェネリック200mgの成分

ガレノキサシン 200mg

ジェニナックジェネリック200mgの用法用量

大人の場合は1日に400mgが目安です。
本剤は1錠200mgですので、1日に2錠を経口服用してください。

飲み忘れた際に、2日分を1度に服用してしまうと副作用があらわれる恐れがあるので注意してください。
飲み忘れに気が付いた際は、思い出したときにすぐに服用してください。
ただし、次の服用時間が間近であれば飲み忘れた分は服用しないようにしましょう。

ジェニナックジェネリック200mgの副作用

副作用は少ないほうですが、あげられるものとして発疹、光過敏症、下痢、便秘などがあります。

※稀にアナフィラキシーショックを引き起こすことがあります。
アトピーやアレルギー持ちの方、これまでに医薬品でアレルギー反応を示したことがある方は気をつけておくようにしましょう。

ジェニナックジェネリック200mgの注意事項

自分の判断で中止せず医師の指示通り服用してください。
本剤の服用中に、車の運転など危険を伴う機械の操作をする場合は十分に注意してください。

●以下の方は本剤を使用しないでください
・本剤の成分または他のキノロン系抗菌剤に対し過敏症の既往歴のある方
・妊娠または妊娠の可能性がある方
・小児など

この商品を買った人はこんな商品も買っています
アポミノマイシン100mg(ミノサイクリン)
アポミノマイシン100mg(ミノサイクリン)
従来のテトラサイクリンなどに比べ1~4倍の抗菌力。
アンピシリン・ジクロキサシリン(125mg+125mg)
アンピシリン・ジクロキサシリン(125mg+125mg)
ペニシリン系抗生物質で、一般的に呼吸器系の感染症を治療するために使われる薬です。
ジスロマック
ジスロマック
クラミジア・トラコマティスによる尿道炎・子宮頸管炎が初めて単回経口投薬で治療可能になりました。
ジフルカン
ジフルカン
カンジダ症に静菌的に効きます 。
レフロキシン100mg
レフロキシン100mg
広範囲な抗菌作用を有する合成抗菌剤

※クラビットのジェネリック薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->