ジンナット250mg画像

ジンナット250mg

ジンナット250mgはセフェム系の抗生物質で、細菌細胞壁の合成を阻害する事により、殺菌する働きがあります。
主に感染症の治療に使用されており、副作用の少ない安全性の高い抗生物質です。


製 品 名:
Zinnat
製 造 元:
GlaxoSmithKline
薬効分類:
セフェム系抗生物質
一 般 名:
ジンナット250mg
日 本 名:
オラセフ(グラクソ・スミスクライン)
内 容 量:
10錠/1箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

ジンナット250mgの関連の薬があります。

ジンナット250mgの特徴

ジンナット250mgは、セフェム系の抗生物質で細菌細胞壁の合成を阻害する事により殺菌する働きがあります。

主に感染症の治療に用いられ皮膚感染症、呼吸器感染症、尿路感染症、眼科感染症、耳鼻科感染症、歯科口腔外科感染症など広い範囲の治療に使用されます。
グラム陽性菌をはじめ、グラム陰性菌の多くに有効です。
喉の炎症により痛みを伴う一般的な風邪にも処方されますが、本来インフルエンザを含めウイルス性の風邪には無効です。
しかし、細菌による二次感染時やその予防のために用いることがあります。
また、副作用の少ない安全性の高い抗生物質となっており、ショックなどのアレルギー症状もペニシリン系に比べれば比較的発症しにくいと言われています。

ジンナット250mgの成分

セフロキシム アキセチル

ジンナット250mgの用法用量

通常、1回1錠(250mg)、毎食後(1日3回)多めの水で服用して下さい。

重症または効果が不十分の場合は、1回2錠(500mg)を毎食後(1日3回)服用します。
治療中の疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず医師の指示に従って服用してください。

ジンナット250mgの副作用

発疹、蕁麻疹、下痢、吐き気などが起こる場合がございます。
また長期服用で菌交代症(口内炎、カンジダ症)やビタミンK欠乏症(出血傾向)を発症する場合がございます。
異常を感じた際は医師の診察をお受けください。

ジンナット250mgの注意事項

・セフェム系の抗生物質でじん麻疹などアレルギー症状を起こしたことのある方は服用できません。
・喘息やじん麻疹などアレルギー性の病気のある人は必ず医師の元服用してください。
・腎臓の悪い方、高齢者の服用は副作用起こりやすくなっています、服用量、服用間隔などに十分配慮の上服用してください。
・避妊薬の効果を減弱するおそれがありますのでご注意ください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
クラシッド
クラシッド
グラム陽性菌・ピロリ菌・クラミジア菌に対する抗生物質
ゾビラックス5%クリーム 2g
ゾビラックス5%クリーム 2g
ヘルペスウィルスの増殖を抑える薬です。
バナン100mg
バナン100mg
セフェム系の第3世代の抗生物質で、副作用も少なく安全性も高いと言われています。
アモキシシリン500mg
アモキシシリン500mg
細菌を殺菌する薬です。細菌が原因の色々な病気に用います。
ジスロマック
ジスロマック
クラミジア・トラコマティスによる尿道炎・子宮頸管炎が初めて単回経口投薬で治療可能になりました。
close
期間限定セール
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->