クラビット錠500mg画像

クラビット錠500mg

クラビット錠500mgはニューキノロン系に分類される抗菌製剤で、殺菌作用による感染症の治療に役立ちます。


製 品 名:
Cravit 500mg
製 造 元:
第一三共Daiichi-Sankyo(第一三共)
薬効分類:
合成抗菌剤(ニューキノロン系)
一 般 名:
レボフロキサシン水和物
日 本 名:
クラビット錠500mg
内容量:
5錠 / 箱 [タイ発送]
7錠 / 箱 [SG発送]
関連商品:
クラビット250mg
クラビット点眼液
ジェネリック医薬品:
レフロキシン100mg
レボクイン250mg
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

クラビット錠500mgの関連商品があります。

クラビット錠500mgの関連の薬があります。

クラビット錠500mgの効能

クラビット500mgには細菌のDNAの複製を阻害する効果があるため、細菌が増殖するのを防ぐことができます。
そのため皮膚をはじめとする幅広い感染症の治療に役立てられています。
クラビット500mgが効果を発揮する疾患は、皮膚や呼吸器、その他様々な部位の感染症にまで及びます。

クラビット錠500mgの用法用量

用法は1回1錠、1日1回の服用が原則です。
ただ、感染症の種類や症状によって多少の違いが見られます。
なお、定期的に服用することが大前提で、できるだけ決められた時間帯に飲み続けることが重要です。
もし飲み忘れてしまった場合にはできるだけ早く飲むこと、次回の飲む時間に近くなってしまった場合には無理せずに1回分飛ばします。
短期間の間に連続して服用すると体に悪影響を及ぼす恐れがあります。
また、自己判断で急に服用をやめた場合も悪影響が及ぶ可能性があるので注意しましょう。

クラビット錠500mgの主な副作用

副作用としては発疹や不眠、めまい、頭痛、吐き気、下痢、腹部の不快感、腹痛などが挙げられます。
こうした副作用はそれほど心配することはありませんが、まれに重篤な副作用が現れることがあります。
たとえば発熱や水泡では皮膚粘膜眼症候群、筋肉の痙攣、動悸や胸の痛み、ショック症状による呼吸困難、悪寒などです。
アレルギーや腎臓障害、心疾患などの健康の問題を抱えている人にはクラビット500mgの服用は適さないため、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
オフロックス100 DT
オフロックス100 DT
細菌などが原因の感染症に使用される抗菌剤です。タリビットのジェネリック医薬品になります。
シプロベイ(抗菌剤)
シプロベイ(抗菌剤)
病原菌に対して殺菌的に作用にするニューキノロン系合成抗菌剤
グレースビット錠(シタフロキサシン)
グレースビット錠(シタフロキサシン)
幅広い範囲の感染症に用いられる抗菌剤です。膀胱炎や中耳炎などの炎症を抑えます。
ゾビラックス5%クリーム 2g
ゾビラックス5%クリーム 2g
ヘルペスウィルスの増殖を抑える薬です。
シフロキシン
シフロキシン
病原菌に対して殺菌的に作用にするニューキノロン系合成抗菌剤
※レキシノのジェネリック薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->