クラビット100mg画像

クラビット100mg

クラビット100mgは感染症の治療に効果を発揮するニューキノロン系の経口抗菌製剤です。


製 品 名:
Cravit100mg
製 造 元:
第一三共Daiichi-Sankyo(第一三共)
薬効分類:
合成抗菌剤(ニューキノロン系)
一 般 名:
レボフロキサシン水和物
日 本 名:
クラビット錠100mg
内 容 量:
10錠/1シート(100錠以外はシート発送)
関連商品:
クラビット250mg
クラビット500mg
                クラビット点眼液
ジェネリック医薬品:
レフロキシン100mg
レボクイン250mg
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

クラビット100mg の効能

服用することで細菌の増殖を防ぎ、殺菌作用で感染症を改善することができます。
ニューキノロンとは合成抗菌薬で、キノロン系というタイプの抗菌薬をもとに新たに作られたことからニューキノロンと呼ばれています。
ニューキノロンとは別にフルオロキノロンという名称もあります。

このニューキノロン系抗菌製剤のクラビット100mgは、すでに感染してしまった細菌の増殖を防ぐのがポイントです。
感染予防では追いつかず、できるだけ早い段階で感染の拡大と進行を防ぐ際に役立ちます。
ニューキノロン系抗菌製剤は全身の幅広い感染症治療に役立つのも特徴で、各部位の感染症治療などに用いられています。

クラビット100mg の特徴

クラビット100mgは、比較的に副作用など体への影響が少なく安全に使用できることです。
副作用が気になる人や、それほど感染症の症状が深刻でなく、安全性を重視する人に適しているでしょう。

クラビット100mg の服用方法

用法は1日1回、1~5錠程度を服用します。
なお、症状が重い場合は、クラビット250mgタイプやクラビット500mgタイプを選ぶとよいかもしれません。
クラビット100mgを毎日規則正しく服用するのがポイントです。

クラビット100mg の主な副作用

副作用として報告されているのは、不眠、めまい、頭痛、吐き気、下痢、腹部の不快感、腹痛、発疹など。
また、アレルギー反応による呼吸困難や悪寒、また筋肉の痙攣や動悸などもクラビット100mgの影響として報告されています。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
クラリス錠500mg
クラリス錠500mg
グラム陽性菌・ピロリ菌・クラミジア菌に対する抗生物質
ニゾラール
ニゾラール
皮膚の糸菌、酵母類(カンジダ)癜風菌に対して直接働いて菌の増殖を抑える作用があります。
バナン100mg
バナン100mg
セフェム系の第3世代の抗生物質で、副作用も少なく安全性も高いと言われています。
ジスロマックジェネリック250mg
ジスロマックジェネリック250mg
日本でも処方されるお薬で、クラミジアや肺炎など様々な症状に使用されます。
アモキシシリン500mg
アモキシシリン500mg
細菌を殺菌する薬です。細菌が原因の色々な病気に用います。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->