シプロフロキサシン500mg画像

シプロフロキサシン500mg

シプロフロキサシン500mgはニューキロノン系抗生物質として、細菌の増殖に必要な酵素の生成を阻害して殺菌・抗菌作用を発揮します。
主に感染症の治療に使用されており、副作用の少ない安全性の高い抗生物質です。


製 品 名:
Ciprofloxacin
製 造 元:
Medreich
薬効分類:
合成抗菌剤(ニューキノロン系)
一 般 名:
塩酸シプロフロキサシン
日 本 名:
シプロフロキサシン
内 容 量:
10錠/箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

シプロフロキサシン500mgの特徴

シプロフロキサシン500mgは有効成分に塩酸シプロフロキサシンを含むニューキロノン系抗菌剤の一種です。
シプロフロキサシン500mgは幅広い抗菌洲ペクトラムをもち、主に耳鼻科・眼科領域の感染症などの治療に用いられ、皮膚感染症から尿路感染症・呼吸器感染症・泌尿器感染症など、広い範囲の感染症を治療するのに使用されています。

シプロフロキサシン500mgはニューキロノン系抗生物質として、細菌の増殖に必要な酵素の生成を阻害して殺菌・抗菌作用を発揮します。
つまり細胞の増殖に際しては遺伝情報を持つDNAの複製が不可欠になるのですが、塩酸シプロフロキサシンはこのDNA複製に必要な酵素を阻害し抗菌作用をもたらすのです。

このような作用をもっているので、細菌の細胞壁生成を妨げることで増殖を抑制するペニシリン系やタンパク質合成を阻害するマクロライド系抗生物質に反応せず、耐性を獲得した細菌にたいしても殺菌作用を期待できます。

シプロフロキサシン500mgの成分

塩酸シプロフロキサシン

シプロフロキサシン500mgの用法用量

治療中の疾患や年齢・症状により適宜増減しますが、一般的に1日2-3回の服用回数で1回あたり100-200mgを服用することになります。

飲み忘れた場合には、気付いた段階で出来るだけ早めに、必要量を服用することを心がけてください。
しかし失念してから時間が経過し、次に服用する時間が接近している場合には 飲み忘れた分は服用せずに一回飛ばして、次の服用時に1回分の薬を服用するようにしてください。
まかり間違っても2回分を1回服用することは、避けることです。

必ず医師の指示に従って服用してください。

シプロフロキサシン500mgの副作用

シプロフロキサシン500mgは比較的副作用は少ないとされていますが、薬である以上そのリスクは常に念頭に置く姿勢が求められます。

重大な副作用にはアレルギー性のアナフィラキシーショックがあげられます。
体内に入った薬が抗原となって過剰な免疫反応が引き起こされ、発汗や頻脈や呼吸困難などの症状が服用後、短時間のうちに現れます。
2回目の発作が激しくなる傾向が強いので、過去にシプロフロキサシン500mgを服用してじんましん等のアレルギー症状が出た方は服用は避けるようにしましょう。

このような重大な副作用の他に、頭痛やめまい・しびれた感覚に襲われるなどの症状が出ることもあります。
服用後、体調の異変を感じたら服用を中止し、医師の診察を受けるようにして下さい。

シプロフロキサシン500mgの注意事項

・持病やアレルギーのある方、妊娠中の方は必ず医師に相談するようにしてください。
・服用中の薬は医師に伝えてください。

抗生物質という薬の性質上、薬が効かなくなる耐性菌のリスクがあるので、症状が治まったからと言って自己判断で服用を中止するのは避けるようにしてください。
なお、空腹時に牛乳を服用するとカルシウムの影響で、この薬の効果が弱まる恐れがあるので、服用中は注意が必要です。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
フェノキシメチルペニシリン250mg/500mg
フェノキシメチルペニシリン250mg/500mg
ペニシリン系抗生物質で、一般的に呼吸器系の感染症を治療するために使われる薬です。
ミノマイシンジェネリック100mg
ミノマイシンジェネリック100mg
日本国内で承認販売されているジェネリック商品で、ニキビやクラミジアなど様々な症状に使用されます。
ジェニナックジェネリック200mg
ジェニナックジェネリック200mg
ジェニナックジェネリック200mgは抗菌剤ジェニナックのジェネリック医薬品です。ガレノキサシンという有効成分の作用によって細菌の繁殖を防ぐことができます。
フラジール
フラジール
トリコモナス症に第一選択される特効薬です 。
カーネステン膣用クリーム20mg
カーネステン膣用クリーム20mg
カーネステン膣用クリーム20mgは、カンジダに有効なクリームタイプのお薬です。カンジダの原因となる真菌への増殖抑制・殺菌効果があります。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->