セフジトレンピボキシル画像

セフジトレンピボキシル

セフジトレンピボキシルは幅広い菌に効果のある抗生物質です。
インフルエンザ菌やアクネ菌にも効果があるため、菌が引き起こす様々な症状の改善がこれ一つで行えます。


製 品 名:
Spectracef 200mg
製 造 元:
Abdi Ibrahim
薬効分類:
セフェム系抗生物質
内 容 量:
20錠 / 箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

セフジトレンピボキシルの関連商品があります。

セフジトレンピボキシルの特徴

セフジトレンピボキシルはセフェム系抗生物質で、体内に潜む様々な菌に作用する薬です。
日本国内でも、同様の成分を処方している実績があるので、幅広く使われている医薬品だといえます。
セフジトレンピボキシルの作用は、腸管壁での代謝を受けてセフジトレンに変わり、抗菌力を発揮するのが特徴です。
グラム陽性菌であったり、陰性菌にも幅広い抗菌スペクトルを示すので、多くの菌に抗菌力を発揮します。
更に、細菌の細胞壁合成を阻害する殺菌力も有してるため、細菌感染の症状改善にも期待できます。
適応菌種は数多く、ブドウ球菌属を始めとして、レンサ球菌属に肺炎球菌と大腸菌やシトロバクター属もあります。
比較的身近なインフルエンザ菌とアクネ菌も含まれるので、セフジトレンピボキシルの対応菌種の多さは優れているものといえます。
これらを含めて、少なくとも17種類の菌に対応していますから、菌が引き起こす様々な症状の改善がこれ一つで行えます。

表在性皮膚感染や深在性皮膚感染症に、リンパ管とリンパ節炎であったり、慢性膿皮症を改善に導きます。
他にも外傷や熱傷、手術創による二次感染や、乳腺炎と肛門周囲膿瘍なども適応の範囲内となっています。

セフジトレンピボキシルの成分

セフジトレンピボキシル 200mg

セフジトレンピボキシルの用法用量

成人の方は、1回100mgを目安に1日3回、食後に経口投与してください。
年齢と症状に応じて適宜増減できますが、重症もしくは効果が不十分と判断される場合は、1回200mgを1日3回まで経口投与できます。

本剤は錠剤なので、1回100mgを使用する時は錠剤を半分にして、1回200mgを投与する場合はそのまま使用してください。

セフジトレンピボキシルの副作用

副作用の少ない安全性の高い抗生物質ですが、発疹や好酸球増多に、ASTやALTの上昇、下痢と軟便や嘔気に胃の不快感などの副作用が報告されています。
腹痛も副作用に入っていますが、より注意した方がいいのはショックやアナフィラキシーに、血便を伴う大腸炎などです。
中毒性表皮壊死融解症と皮膚粘膜眼症候群、間質性肺炎といった症状も副作用に含まれていますが、セフジトレンピボキシルの使用で引き起こされるのは極稀です。

セフジトレンピボキシルの注意事項

異変を感じたら速やかに医師に相談して診察を受けるようにしてください。
水分に触れたり、熱を受けると変質して効き目が変わってしまうので、保存の際には冷暗所を選び、品質を保つように管理してください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
ロスリシン(ルリッド錠のジェネリック)
ロスリシン(ルリッド錠のジェネリック)
マクロライド系抗生物質でアクネ菌に抗菌力があり、炎症を伴うニキビ(ざ瘡)に適応されます。 ※ルリッドのジェネリック薬です。
メトロレックス
メトロレックス
トリコモナス症に第一選択される特効薬です。
※フラジールのジェネリック薬です。
ジスロマック細粒
ジスロマック細粒
クラミジア・トラコマティスによる尿道炎・子宮頸管炎が初めて単回経口投薬で治療可能になりました。
クラビット250mg(経口抗菌製剤)
クラビット250mg(経口抗菌製剤)
広範囲な抗菌作用を有する合成抗菌剤
ジノステン500mg膣錠
ジノステン500mg膣錠
投薬回数が1回タイプの治療薬です。
※カーネステン-1のジェネリック薬です。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->