アモキシシリン500mg画像

アモキシシリン500mg

細菌感染によってもたらされた炎症の治療に使用される医薬品です。
21錠タイプは、ご注文時期により、同成分同入数、別メーカーの商品での発送となる場合がございます。


製 品 名:
Amoxil 500mg
製 造 元:
グラクソ・スミスクライン㈱
薬効分類:
ペニシリン系抗生物質
一 般 名:
アモキシシリン水和物
日 本 名:
アモキシシリンカプセル
内 容 量:
10錠/1シート
16錠/箱
21錠/箱
関連商品:
アモキシシリン250mgカプセル
発送国:
タイ(REG配送:発送完了から7-10日到着予定)
シンガポール(ePac便:発送完了から7-10日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

アモキシシリン 500mg の効能

主に梅毒、淋菌に用いられる治療薬です。

アモキシシリン 500mg の作用

効果が期待できる範囲は幅広く、扁桃炎、咽頭炎、気管支炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、リンパ節炎といった炎症の他、肺炎、おでき、ニキビ、敗血症、ピロリ菌の感染、さらには淋病や梅毒といった性感染症への効果も期待できます。
なお、耳鼻科では小児用の中耳炎の治療薬としても用いられています。

アモキシシリンを使用した製品も多く、数多くの製薬会社がさまざまな名称で製品化しています。
アモキシシリンによって細菌の細胞壁の合成を抑制することができるため、細菌の増殖を防ぐことができるのです。

アモキシシリン 500mg の用法用量

1回250mgを1日3~4回程度に分けて服用することで効果を発揮します。
ただアモキシシリンの配合量は医薬品によって異なるため、それぞれの製品ごとに指定された用量・用法を守って服用していくのが大前提です。
小児は1回20~40mgを1日に分割経口服用。こちらも、年齢、症状により適宜増減。

アモキシシリン 500mg の禁忌

アモキシシリンにはアレルギーが出る可能性があります。
家族にアレルギー性疾患がある人に見られる傾向があるので注意しましょう。
その他、もともと腎機能障害を持っている人や妊婦の服用には適していません。

アモキシシリン 500mg の副作用

安全性の高さもアモキシシリンの特徴ですが、副作用がまったくないわけではありません。代表的なところでは下痢や食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、発疹などです。
それほど深刻な症状に発展することはないようです。

さらに頻度は低いですが、より重大な副作用が現れることもあります。
肝機能障害、急性腎不全、出血性大腸炎、皮膚粘膜眼症候群などが挙げられます。万一のことを考えて、少しでも副作用が見られた場合には医師に相談したほうがよいでしょう。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
リンデン1%クリーム(毛じらみ 治療薬)
リンデン1%クリーム(毛じらみ 治療薬)
米国を中心にシラミ、疥癬の治療に世界中で用いられてます。
ファシジン
ファシジン
トリコモナス原虫に対し、殺虫的に作用する抗トリコモナス薬です。
ヴァギシン膣錠
ヴァギシン膣錠
抗生物質剤クロラムフェニコールに抗真菌剤ナイスタチンを配合した膣錠で、カンジダ膣炎の他にトリコモナスやさまざまな細菌の膣炎に作用する膣錠です。
クラビット250mg(経口抗菌製剤)
クラビット250mg(経口抗菌製剤)
広範囲な抗菌作用を有する合成抗菌剤
ジスロマックジェネリック250mg
ジスロマックジェネリック250mg
日本でも処方されるお薬で、クラミジアや肺炎など様々な症状に使用されます。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->