モノレス画像

モノレス(クレンブテロール)

気管支を広げる作用があり、喘息や気管支炎の治療に用います。また、尿失禁の治療にも用いられます。


製 品 名:
Monores20mcg
製 造 元:
Valeas Spa
薬効分類:
喘息の薬
一 般 名:
クレンブテロール20mg
日 本 名:
モノレス20mcg
内 容 量:
30錠/1箱
発送国:
香港(REG配送:発送完了から10-14日到着予定)
送料:
全国一律送料無料

EMS配送(国際速達郵便 )なら到着目安4日~7日

モノレス(クレンブテロール) 特徴

モノレスは気管支を広げる作用があり、喘息や気管支炎の治療に用います。
そのほか、尿失禁の治療
にも用いることがあります。
気管支炎ではゼーゼーする咳に適用されます。
喘息そのものを治せる薬ではなく、予防的に長く服用する必要があります。
症状が安定すれば、医師の支持の元で徐々に量を減らします。

モノレス(クレンブテロール) 用法用量

【気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫、急性気管支炎の症状の場合】
基本、成人は1回クレンブテロール塩酸塩として20μgを1日2回、朝及び就寝前に服用する。
頓用として、通常、成人は1回クレンブテロール塩酸塩として20μgを服用する。
なお、年齢、症状により適宜増減します。
5歳以上の小児は、1回クレンブテロール塩酸塩として0.3μg/kgを1日2回、朝及び就寝前に服用する。
頓用として、5歳以上の小児は通常、1回クレンブテロール塩酸塩として0.3μg/kgを服用する。
本剤の頓用を反復しなければならない場合には、早急に医師の指示を受けさせること。

【尿失禁と腹圧性尿失禁の症状の場合】
基本、成人は1回クレンブテロール塩酸塩として20μgを1日2回、朝及び夕に経口服用する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。
ただし、60μg/日を上限とする。なお、年齢、症状により適宜増減します。

モノレス(クレンブテロール) 副作用

多く報告されるいるのは手の震えです。
その他、動機、血圧変動、頭痛、不眠、吐き気、食用不振など。

モノレス(クレンブテロール) 使用上の注意

・高血圧、心臓病の持病がある人、別に服用中の薬がある場合は、医師に伝えてください。
・指示通りに服用してください。
・過剰摂取は不整脈などの副作用が出やすいですので注意してください。

この商品を買った人はこんな商品も買っています
エキナックス(エキナセア)
エキナックス(エキナセア)
エキナセアはハーブの一種で、人間の免疫機能を高め、ウィルスなどから体を守ってくれる
フォーモニドインヘラー
フォーモニドインヘラー
気管支を広げ呼吸を楽にし、炎症を抑えて発作の頻度を下げる効果のある喘息の薬です。
メプチン
メプチン
気管支を広げるお薬です。喘息や気管支炎の治療に用います。
シムビコート タービュヘイラー60/120吸入
シムビコート タービュヘイラー60/120吸入
予防も発作時も両方使えてしまうという画期的な喘息治療薬です。
ザジテン点眼液
ザジテン点眼液
アレルギーの原因となるヒスタミンや炎症物質の作用を抑え、目のかゆみや充血などの症状を改善します。
function openwin() { window.open("http://www.ntp-k.org/pet_bk/carriage.html", "", "width=790,height=480"); } // -->