商品の詳しい情報や症状の原因など、様々なお役立ち情報や専門用語をご紹介

TOP 知って得するコラム

トリキュラー28の副作用について

   

トリキュラー28の副作用について

トリキュラー28は1976年ドイツで開発された、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの働きにより効果を発揮する低用量避妊ピルです。

トリキュラー28の副作用について

卵胞ホルモンの配合量は一定ですが、黄体ホルモンの配合量が6日、5日、10日と3段階に変えられています。
これは女性の体の自然なホルモン分泌パターンに似せることで、薬のホルモン配合量を抑え、高い効果を維持でする事が目的で、このため体に強い負担をかけずに、ホルモンバランスを変えることが出来ます。

トリキュラー28は脳下垂体に働きかけて卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑えて排卵を起こらなくし、子宮内膜を厚くしないで受精卵の着床を妨げます。また、子宮頸管の粘液を変化させ、精子が子宮に入りにくくします。

この他、生理痛を和らげ、生理不順を正したり、出血量を減らし、貧血を改善します。また、ホルモンバランスが安定するためニキビが改善します。骨粗鬆症を予防し、卵巣がんや子宮体がんなどのリスクも軽減してくれます。

トリキュラー28は他の避妊ピルに比べ、ホルモンの配合量を可能な限り下げているため、副作用も低減されていますが、服用初期には副作用的な、悪心や頭痛、下腹部の痛み、発疹、吐き気などが起こる場合があります。
これはホルモン環境の一時的な変化によって起きるもので、殆どの場合は服用を続けるうちに軽減します。しかし、副作用の症状が長引いたり、重くなる場合は、医師に相談するのが無難です。

ごくまれに血栓症を起こしたり、悪化させる可能性があります。特に喫煙と加齢の影響が大きいので、喫煙習慣があったり、40歳以上の女性は服用前に医師に相談する事をお勧めします。

■T.O.Pでは海外発送商品は全て送料無料!安心のお届け!
⇒国内処方の「トリキュラー」と同製品! トリキュラーの海外通販はこちら

トリキュラー

 - ピルや女性用の薬

  関連記事

トリキュラーとマーベロンの違い
トリキュラーとマーベロンの違いや比較

トリキュラーとマーベロンの違いと効果や副作用 低用量ピルは、日本で使用できる避妊 …

トリキュラーの販売元バイエル(Bayer)について
トリキュラーの販売元バイエルについて

トリキュラーの販売元バイエル(Bayer)について トリキュラーは、妊娠を防ぐ避 …

トリキュラーを飲み忘れ際の対処法
トリキュラーを飲み忘れ際の対処法

トリキュラーを飲み忘れた際の対処法について トリキュラーとは低用量避妊ピルであり …

トリキュラー28を通販で購入するには
トリキュラー28を通販で購入するには

トリキュラー28を通販で購入する方が安い? 低用量ピルとは、全世界で1億人以上の …

トリキュラーを飲み忘れ際の対処法
トリキュラーの避妊効果について

トリキュラーの避妊効果について 妊娠はおめでたいことですが、望まぬタイミングでで …

ピルの副作用を詳しくご紹介
ピルの副作用を詳しくご紹介

ピルの副作用について かつては避妊目的でのピルの使用は認められておらず、月経のト …